虫歯や歯周病の予防と治療法

虫歯や歯周病に関する情報サイト

日本の歯の歴史

虫歯や歯周病という言葉を1度は聞いた事があると思います。 しかし、具体的にどのようなものか分からないって方が多いのではないでしょうか。 虫歯と歯周病について詳しく説明しますので、予備知識として覚えておきましょう。 現在治療中の方は、参考にしてみて下さいね。 ...続きはコチラ

教えて!代表的な歯の治療の費用

歯の治療をする際に、状態によっては長期的な治療になります。 そうなった場合、費用がどのくらいかかるのか事前に知りたいですよね。 歯の治療したいけど、費用が気になるって方も多いと思います。 代表的な治療の費用相場を調べてみましたので、これから治療を考えている方は、覚えておきましょう。 ...続きはコチラ

虫歯と歯周病の予防法と治療法はこれ

歯の治療や予防と簡単にいっても、様々な治療法や予防法がありますよね。 これから歯の治療をしようかなと考えている人は、自分の歯がどのような治療をするのか知りたいと思います。 予防法を知っておく事で、虫歯や歯周病を防ぐ事が出来る可能性が高いです。 事前に確認しておきましょう。 ...続きはコチラ

虫歯と歯周病の基本的なお話

日本の歯の治療の始まりは、旧石器時代からです。
歯の治療目的ではなく、権力や宗教や装飾が理由で歯を抜いたり、削ったりしていました。
縄文時代では、現在のよりも虫歯になる人は少なかったですが、硬いものを中心に食べていたため、歯が削れたりという事が多々ありました。
縄文時代の後半になると、柔らかい食べ物を食べるようになったため歯が削れたりするよりも虫歯が出来るようになりました。
しかし、歯の治療を行うために歯を抜いたり、削ったりする習慣はまだありませんでした。
弥生時代は、お歯黒という文化が始まり、縄文時代よりも虫歯に悩んでいる人が多かったです。
平安時代になり、歯科治療が行われるようになり、歯を抜いたり、穿刺治療をしたり、お灸をすえたり、時には祈願治療も行われるようになったのもこの頃です。
口の中を洗浄する方法として、うがいをするようになりました。
鎌倉時代では、歯を抜く治療が中心で、歯を綺麗にする道具として、楊枝が開発されました。
房楊枝という現在の歯ブラシのような物を使用し始めました。
時代が進み、昭和戦前になると現在の歯科治療に近い治療を行われるようになりました。
このサイトでは、虫歯や歯周病の基本的な事や治療費用相場や治療方や予防法についてお話したいと思います。
虫歯や歯周病の初歩的な内容がメインでこれから治療を考えている方や現在治療中の方向けの内容です。
役に立つ内容ばかりですので、気軽に読んでみて下さいね。